読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ys10's diary

読み読み書き書き。

書評

頭の栄養となる読書をすべし

今読んでる本が非常に強く共感できて、示唆に富む内容だったので少し紹介してみる。まだ読了はしていないが、読み進めた箇所までの大雑把な所感をば。 読書について 他二篇 (岩波文庫) 作者: ショウペンハウエル,Arthur Schopenhauer,斎藤忍随 出版社/メーカ…

恐ろしい俯瞰中毒という症状

朝井リョウの「何者」を読んで思ったこと。 何者 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/11/30 メディア: 単行本 購入: 7人 クリック: 317回 この商品を含むブログ (92件) を見る 直木賞受賞作品。就活がテーマということで、この間まで就…

「閉塞感」を感じるのは意識の量が足らないから

日常で「閉塞感」を感じることはないだろうか? 肝心なところでつまずいたり、努力に見合う結果が出せなかったり、何事も思い通りにいかないなあってモヤモヤしてしまう。単に自分の能力不足のせいにしたり、環境に原因があるのかもしれない。けれどそれは、…

なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか?

題名に惹かれて即決で買ってしまいました。”なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか?ー公的言語トレーニングー”。光文社新書は初めて読んだ気がする。 なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか? 「公的言語」トレーニング (光文社新書) 作者: 東照二 出版…

就活は怖くない

内定童貞 (星海社新書) 作者: 中川淳一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/02/26 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 本日こちら読了しました。僕自身就職活動中の身で、タイトルになんとなく惹かれるものを感じて読んでみたのですが…

読書で賢く生きよう

ベスト新書から、”読書で賢く生きる”を読んでみました。ここ最近読んだ本で一番おもしろかった気がする。 読書で賢く生きる。 (ベスト新書) 作者: 中川淳一郎,漆原直行,山本一郎 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2015/04/09 メディア: 新書 この商…

「モテ」の人生哲学

今日はあえて普段読まないような本を読んでみようと思い、即決でこちらポチってみました。二村ヒトシ氏著、”すべてはモテるためである(文庫ぎんが堂)”。こういう恋愛ハウツー本はあまり信用していないのですが、読まず嫌いってのもアレな気がして、適当に…

読み上手 書き上手

長い人生を生きる上、いついかなる状況でもついて回る「読む」ことと「書く」 こと。得手不得手は人それぞれかと思いますが、恐らく筆を取る職業に就いている方 を除き、あまり得意でない人が殆どかと思います。 今回読んでみたこちらの本、”読み上手 書き上…