読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ys10's diary

読み読み書き書き。

このブログについて

当ブログのコンセプト、と言えば少し仰々しいけれど、このブログは一体何なのか、何かを主張したいのか、情報を提供するブログなのか、といったあたりをふと考えてみた。

僕自身何かについて特化しているわけではなく、何か一つのことに心血注げる程の情熱を持っているわけではない。ある特定のジャンルで膨大な知識量もあるわけでなく、目新しいものの見方が出来るというわけではない。人に与えられる知見や情報は何一つ持ち合わせていない。

読まれるブログとは、読者にとって有益なブログのこと。少し砕いて言えば、新たな知識や盲点に気づかせてくれたり、新鮮で刺激がある記事、または文章力(ざっくり言うと)があり、読み手の心に届くような記事なんかがそうだ。

やはりブログを書く以上は読まれるようになりたい。自分の文章は読むに値するものだ!という評価が欲しい。承認欲求を満たしたいのだ。

確かにそれは僕の純粋な欲求ではあるのだけど、もう少し根本的な所、そもそもなぜ「ブログで」認められたいと思うようになったの?というところがなおざりになっていた。このブログを開設した時も、少なからず初期衝動はあって、けれどその衝動は忘却の彼方にあった。

単純に、純粋に、魅力的な言葉、文章に惹かれた。読んだ時に想像の余地が180度変化するような、物事の解像度が増すような文章だ。こんなふうに書けるようになりたいと思った。たまたま見つけたその記事がはてなブログで、はてなでブログを開設したのも、最初はそのブログの読者登録をしたかったからだ。書き始めたのは、「文章力を上げたい」という気持ちからだったと思う。

遠回りしたけど、僕はブログを通じて文章力を上げるために書いている。故に、このブログはあくまで独りよがりなブログだ。偶然誰かの目に止まってもそのままスルーされるようなブログでも良いと思う。けど、ゆくゆくは誰かに「良い文章だ」と評価が得られるよう、何よりもまず「書く」ことを優先したいと思う。一日でも多く、一文字でも多く「書く」。これが今の僕自身の欲求を満たすのに必要なことなのかもしれない。

とまあこんな書いてもどうしようもないようなことすらも記事ネタにしていこうと思っているので、本当にとりとめのない雑記中の雑記になりそうだけれど、一応それがこのブログのコンセプトということで。