読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ys10's diary

読み読み書き書き。

積み本が増えてきて焦っている

 埃かぶった積み本が増えてきて、どうにか消化したいなあ...どげんかできんかなあ...と危機感が募ってきた今日この頃。自分の部屋にある小さな本棚だけでは事足りなくなってきて、机の空いたスペースに未読の本を置いてあるのだけど、読んで字のごとく”積み本”状態。この調子でいけば積み本タワーできそう。

http://www.flickr.com/photos/24209378@N03/11980735844

photo by julochka

 

 最近ちょっとした時間の隙間に本を読むくらいには、読書の習慣がついてきてる。習慣がつくと、本の消化スピードが若干なりとも上がってくるのだけれど、それ以上に自分の中の本の欲求が強くて、買った本の消化が追い付かなくなってる。完全に供給過多な気がする。

 

 本への関心が強まった。というのも、一つの本がきっかけでその分野の別の本が欲しくなったり、たまたま書店で見かけた本の手に取ってみた感じが良かったりと、興味の糸口が順調に広がってきているのだ。特にはてブ始めてからたくさんのブロガーさんの記事を読むようになって、そのブロガーさんがおすすめする本で気になったものを買ったりもしてる。良いことだと思うけれど、反面、これが積み本をつくってしまってる一因のような気がする。

 

 処理が追い付かずに入ってきた情報を十分に噛み砕く時間がないなら、入ってくる情報に制限をかけたほうがいいかもしれない。興味が先だって今読んでる本を消化しないうちに次の本を仕入れても、自分の中にあるものは変わらないわけだし。ただ情報に制限をかけるといっても、はてブやってるとたくさんの情報が目に入ってきて、その時に読まないことが損になる気がしたりするので、それがまた難しいのだけど。

 

 このまま積み本が増え続けて、いざ読もうとしたときに興味が失せてたり、なぜその本を買ったのかも忘れてしまっているといった事態になりかねない。それはさすがに願い下げだし、僕は買った本はすべて精読して、自分の血肉にしていきたいと思ってる。本は自分の中に取り込めてようやく価値を発揮するのだ。

 

 分量の多い本は3日、200ページくらいのライトなものは一日をノルマに読んでいこう。読んだその日か翌日に書評も欠かさず。