ys10's diary

読み読み書き書き。

全国高校野球選手権決勝を見て思ったこと

東海大相模と仙台育英の決勝戦をテレビ中継で観ました。毎年甲子園を楽しみにしてるわけではなくて、真剣に応援したのも自分の高校の野球部が甲子園出場した時にアルプスタンドから応援した時くらいなのだけど、今日たまたま昼にテレビをつけたら丁度試合が…

個人的key曲5選

keyといえば”泣きゲー”でおなじみのゲームブランド。数々の神ゲー、神アニメを輩出するにとどまらず、新規アニヲタを多数生み出した。key作品からアニメを観るようになった人は多いのではないだろうか。 keyの中でも、名作と称されている作品に関しては麻枝…

短所を活かす処世術

自分が短所だと思ってるところ、直したいと思ってる性格や癖は誰しももってると思うのだけど、直さないほうが良いこともあるような気がする。もちろん短所は直せるにこしたことはなくて、できるだけ理想の自分に近づく為に努力してる人も少なくないと思うけ…

最近の作業のおとも

レポート書いたり本読んだり、何かしら作業してるとつい口がさみしくなって何か食べたくなります(デブでわない)。最近は決まってブルボンのチョコチップクッキーが机の上にある状態。 ブルボン チョコチップクッキー 15枚×12箱 出版社/メーカー: ブルボン …

大学生のうちにやっておきたいことリスト

最近「これは今のうちにやっておきたいなあ...」と思うことが何故か増えてきました。不思議と一番時間がある時にはそんな事考えずに自堕落にしてて、どうして今更…感が拭えないですが。寧ろ卒業間際が近付き、残りの時間をどう使うかで真剣に考えだすように…

透明人間になりたい

最近人と関わるのが億劫で仕方ない。以前は気心の知れた友人達と話していると疲れている時でも気が紛れたものだけど、今はその友人たちに遊びに誘われてもなかなか気が進まない。ほとんどの時間を一人で過ごしてる。友人の家に泊まったり、旅に出たりしてる…

「閉塞感」を感じるのは意識の量が足らないから

日常で「閉塞感」を感じることはないだろうか? 肝心なところでつまずいたり、努力に見合う結果が出せなかったり、何事も思い通りにいかないなあってモヤモヤしてしまう。単に自分の能力不足のせいにしたり、環境に原因があるのかもしれない。けれどそれは、…

積み本が増えてきて焦っている

埃かぶった積み本が増えてきて、どうにか消化したいなあ...どげんかできんかなあ...と危機感が募ってきた今日この頃。自分の部屋にある小さな本棚だけでは事足りなくなってきて、机の空いたスペースに未読の本を置いてあるのだけど、読んで字のごとく”積み本…

夏祭りの季節

いよいよ本格的夏のイベント、「夏祭り」なるものが各地で始まります。本日は関東の方で隅田川の花火大会があるみたいで、そこかしこで華やかに着飾った着物女子たちが見られるそうな。人ごみは苦手だけど、夏祭りの路肩に並ぶ屋台やら人だかりを見るのは割…

熱中症には気を付けましょう

朝のニュース番組でアナウンサーのこんな言葉を聞きました。「熱中症には気を付けて、いってらっしゃい!」最後の挨拶に軽く添えられた言葉ですが、真剣に気を付けるべきだと、最近の熱中症の重症化を見てると感じます。 今年すでに熱中症で大勢の人が倒れて…

雑記としてのブログ

こんばんは。課題に追われるあまり三日間何も書けなくて、筆不精に拍車があああ・・・とのたうちまわってたところ、こんな記事を発見。 ブログは毎日更新しないほうがいいかもしれない - 脱社畜ブログdennou-kurage.hatenablog.com ブログは毎日更新できるに…

学生最後の夏

7月も半分過ぎ、日増しに暑くなってる気がする。昨日の台風が例年以上の規模で、浸水やら土砂崩れの被害を被った地域も多かったみたいです。幸い自分の実家周辺がほとんど自然災害のダメージを受けることがなくて、ニュースや気象情報を見て予想外の事の大き…

なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか?

題名に惹かれて即決で買ってしまいました。”なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか?ー公的言語トレーニングー”。光文社新書は初めて読んだ気がする。 なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか? 「公的言語」トレーニング (光文社新書) 作者: 東照二 出版…

明日の自分は自分が決める

人生で初めて少女漫画なるものを買ってみました。一応少女漫画ではあるものの、キャッキャウフフな青春モノとは全く路線が違って、どちらかというとコミカル系、でも実はシリアス系な感じ。 東京タラレバ娘(1) (KC KISS) 作者: 東村アキコ 出版社/メーカー: …

ひとり○○

ひとりカラオケ、ひとりボーリング、ひとり焼き肉、ひとりラーメン、、、このひとり○○って言葉、聞いた事ありますか?ひとりで遊びに行ったり、お店に寄ったり、なにかしらひとりで行動することをひとり○○と言うのですが、今日び珍しい表現ではないですね。…

就活は怖くない

内定童貞 (星海社新書) 作者: 中川淳一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/02/26 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 本日こちら読了しました。僕自身就職活動中の身で、タイトルになんとなく惹かれるものを感じて読んでみたのですが…

普段飲まない僕がお酒について色々調べる

にゃんぱす~。(こんばんは。)昨日はじめてのんのんびより見て心が温かくなりました。ばからもんといい田舎日常系アニメはどうしてこう癒されるというか、心が解きほぐされる感じのものが多いんでしょうか。反面、実際の田舎は結構殺伐としてたりするんで…

黒い悪魔

7月も中旬に差し掛かろうとしてます。雨と湿気とうだるような暑さで微妙な体調が続いてるのですが、これからさらに本格的な暑さになってくるし、気をしっかりもたねば。。。みなさん、熱中症にはお気をつけて。 さて、今日は夏本番に向けて、「最高の夏を過…

ファッショナブルに生きたい

今週のお題「好きな服」 というわけで、何気に初のお題記事です。「好きな服」ということですが、どうでしょうみなさん。好きな服、着れていますか?今着てる服に愛着はありますか? いまいちファッションに無頓着な人にも、好きな服、着ていて気分がよくな…

蒸し暑いオフトゥンから

こんばんわ。3日スパンの更新と決めてからの5日ぶりの更新です。つい一週間前の決意表明はもはや意味を為さなくなってしまいましたね。。。まあ5日で留まって良かった。書くネタ考えてないとどうも書く気が起こらないし、日頃からアンテナを張り巡らせるべき…

読書で賢く生きよう

ベスト新書から、”読書で賢く生きる”を読んでみました。ここ最近読んだ本で一番おもしろかった気がする。 読書で賢く生きる。 (ベスト新書) 作者: 中川淳一郎,漆原直行,山本一郎 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2015/04/09 メディア: 新書 この商…

遅すぎた就職活動

物事を始めるのに早いも遅いもないと言うけれど、こと就職活動に関してはその理屈は当てはまらない。今年から経団連の規定変更により後ろ倒しになった就職活動だけど、七月に入り、今から活動に本腰を入れようとしている危機感のない学生は僕くらいだと思う…

このブログのテーマを考えてみる

はてなブログを初めてもうすぐひと月、いくつか記事を投稿してみたものの、どれもなんとなく思うままに書きなぐったようなものばかりで、見返してるとイマイチ統一感がない。。。有名ブロガーさんのブログを拝見して思ったのですが、いろんなジャンルを扱っ…

3年のアルバイトを経て

毎日はてブ更新は難しい…。特に今忙しい時期だし、タダでさえやる事で溢れてるのにそれ以上に手を出すと完全にキャパオーバーだしで、なかなかスケジュール管理に苦悩します。当面週一を目標に更新出来たらなとおもいます。それはさておき明日から7月です。…

僕の青春漫画

どうもこんばんは。6月も終盤、雨のない日の蒸し暑さに頭がやられそうですが、夜は涼しくて夜風が気持いいです。閉めきってクーラー派の人もいると思いますが、やっぱり自然の風が一番ですね。網戸にして虫達の鳴き声を聞きながら時折ふと肌をなでる涼風…日…

「好き」は才能?

学校、職場、なんらかのコミュニティ上で暮らすうえで、やはり勉強のできる人、スポーツのできる人、仕事のできる人、なにかしら他人より秀でてるものを持つ秀才達は必ずいて、ある場面で活躍したり、周囲の注目を集めたり、目立ってもてはやされたりします…

amazonレビュー

最近、書く練習の一環として、購入した商品になるべくamazonのレビューを書き込むよう心がけてます。けれど、ただ雑感を書くのでは練習にならないし、何より面白くない。そこで、自分ルールを課すことにしました。あくまで自分の感想だけに留まらないこと。…

6/15

久しく友人と話しました。二週間ぶりくらいだったのでついつい話し込んでしまった。四回生になり、必要な単位もある程度取り終え、時間割にゆとりができたこともあり、講義を通して親しい友人達と会う機会も殆どなくなってしまった。友人と話すことさえ珍し…

「モテ」の人生哲学

今日はあえて普段読まないような本を読んでみようと思い、即決でこちらポチってみました。二村ヒトシ氏著、”すべてはモテるためである(文庫ぎんが堂)”。こういう恋愛ハウツー本はあまり信用していないのですが、読まず嫌いってのもアレな気がして、適当に…

読み上手 書き上手

長い人生を生きる上、いついかなる状況でもついて回る「読む」ことと「書く」 こと。得手不得手は人それぞれかと思いますが、恐らく筆を取る職業に就いている方 を除き、あまり得意でない人が殆どかと思います。 今回読んでみたこちらの本、”読み上手 書き上…